飲食店が2022年1月以降に活用できる補助金情報

補助金・助成金

飲食店向けの2022年補助金・助成金の新着情報をピックアップして紹介します。

■事業復活支援金
新型コロナウィルスの影響を受けた中堅・中小法人・個人事業主の事業継続・回復を支援する。

<申請期間>
2022年1月31日(月)〜5月31日(火)

<給付対象>
・新型コロナウィルスの影響を受けた事業者
・2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月の間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上、または30%以上50%未満減少した事業者

<給付額>
法人・・・上限最大250万円
個人事業主・・・上限最大50万円

さらに詳しい情報は、こちらをご確認ください。
【事業復活支援金】について

■小規模事業者持続化補助金<一般型>
小規模事業者が経営計画を作成し、その計画に沿って行う販路開拓の取組等を支援する制度。第7回受付締切分から新たに「賃金引上げ枠」が追加された。賃金引上げを意欲的に実施する小規模事業者に対し、優先的な採択が行われる。

補助上限額:原則として50万円
補助率:2/3分

さらに詳しい情報は、こちらをご確認ください。
【小規模事業者持続化補助金<一般型>】について

■小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>
コロナ禍の対人接触機会減少のため、新たなサービスの導入やビジネスを始める小規模事業者を支援する制度。第5回受付締切回、および第6回受付締切回より、賃金引上げを意欲的に実施する小規模事業者を優先的に採択する「賃金引上げプラン」が創設された。

補助上限額:100万円
補助率:3/4
次回(第6回)申請受付締切:2022年3月9日

さらに詳しい情報は、こちらをご確認ください。
【小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>】について

 

補助金申請に対して、「申請が通りにくい」「申請が難しい」「書類作成が難しい」などのイメージで断念されている経営者の方も多いのではないでしょうか?
上記の補助金・助成金は、中小企業が比較的活用しやすいものばかりとなっております。
目的や用途、事業計画によって最適な補助金・助成金は違います。また、対象となる経費も経費の合計額も違ってきます。
株式会社ザボーダーでは、これまでにサービス業、飲食業、製造業、広告代理業、税理士業など様々な業種、業態の補助金申請をサポートさせて頂きました。
愛知県、岐阜県、三重県内で経営をされていて、補助金、助成金についてよく分からない、詳しく聞いてみたいという方は、いつでも株式会社ザボーダーまでご相談ください。

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

CONTACT株式会社ザボーダー(THEBORDER)への
お問合わせはこちら

お仕事に関するご依頼・求人のご応募はこちらから

052-957-2177